プロミスのおまとめローンの審査申し込み基準は甘いのか。

プロミスのおまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

良いことばかりのようなイメージのプロミスのおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

通常のカードローン審査と同じようにアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくショッピングローンの返済には使う事ができません。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。たとえば消費者金融でもおまとめローンがありますよね。

プロミスのおまとめローンの審査申し込み基準は甘いのかどうかということもよく質問されています。

そのほか借金がいくらになったら、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでプロミスのおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

プロミスおまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

プロミスのおまとめローンを利用したかたの口コミでは「審査厳しいと思っていたが通って安心した」「2社の他社借入をプロミスのおまとめローンでおまとめすることができた」などと言う声もありました。

審査が不安と言う方もいらっしゃったようですが、申し込み基準を満たしていれば審査に通るという人が多かったようです。

参考:プロミスおまとめローン審査甘い?申込み基準【借入口コミはどう?】

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、プロミスのおまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

プロミスのおまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

プロミスのおまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからプロミスのおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、プロミスのおまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

パートとかアルバイトの人でもプロミスの審査には通るといわれています。ただ正社員でもブラックなら審査落ちてしまいますし、審査基準については個人の属性によるところが大きいですね。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。