住宅ローンの返済負担率について

一般的に住宅ローンの返済負担率は35%と言われています。
ですから世帯年収が1,000万円の場合は年間で350万円までの返済額であれば住宅ローン相談をした時に、審査に通ると言われています。
月にすると29万円ほどの住宅ローンを組むことができると考えることができます。
とはいえ、返済負担率が35%という数字は上限と考えることができますから、可能なら30%や25%に抑えて返済負担率設定しておくと良いでしょう。
25%ほどに設定しておけば、子どもの教育費がかかる時期になっても余裕をもって返済して行くこともできますし、他のローンを組んでも家計を圧迫せずにすむものです。
金融機関で住宅ローン相談をすると35%の返済負担率でもいけると言われるかもしれませんが、できるだけ余裕をもった返済計画を立てるようにしましょう。
住信SBIネット銀行人気の理由は?住宅ローン研究!【金利が安い?】