持ち家を担保にローンを借りるリバースモゲージとは?

低金利の現在、多くの人が住宅ローンの借入期間を定年退職後もローンが残るような長めの期間に設定してはいるものの、実際には、繰り上げ返済や退職金での一括清算を見込んで、期間を設定しているかと思います。
しかし、いざ定年退職となった時に、思ったように繰り上げ返済が出来ていなかったり、退職金で一括返済してしまうと、手元に現金が残らなくなる為に、一括返済が出来ないといった事は起こり得るかと思います。
東京スター銀行には55歳以上80歳以下の方を対象としたリバースモゲージ「充実人生」という商品ががあります。
これは、自己名義の戸建、マンション(一部エリア)を担保にし、現金を借りられるというものです。
返済は借入金の利息部分のみを返済し、元本部分は本人死亡時に一括返済をすることで行ないます。
一旦住宅ローンを完済し、自己名義とした上で、あらたにリバースモゲージにて借入を行なえば、負担も軽減し、その後の生活資金も手に入るため、安心して老後を送れるかと思います。