ヨーグルトを作るう?

便秘解消の為にヨーグルトが効果的と言いますが、今までの記事だけでもよくおわかり頂けたと思います。
(笑顔)しかし、ヨーグルトがいくら効果的だと言っても、毎日食べ続けるとさすがにお金が掛かってしまいますよね。
(汗)ですから、出来ることなら節約したいと思いますよね。
それが人情と言うものです。
(笑)しかし、節約して質の悪いヨーグルトを買っては、効果も薄くなります。
これでは本末転倒になってしまいますよね。
(汗)それでは、どうすればヨーグルト代を節約することはできるのでしょう!?自分でヨーグルトを作ってしまうのです。
それで解決ですよね。
(笑顔)ヨーグルトを作る!(汗)確かにヨーグルトの作るには、乳酸菌が必要です。
また、一般の家庭で乳酸菌を常備しているところはなかなか無いと思います。
そうは言っても乳酸菌がなければヨーグルトは作れませんよね。
それでは、どうやって乳酸菌を手に入れれば良いのでしょう!?まず乳酸菌がないのなら乳酸菌を多く含んだ食品を用意すれば良いのです。
言い換えると、つまり「ヨーグルトを新規に一つ用意」します。
それだけでいいのです。
それでは節約にならないと反論する人もいるでしょう。
(汗)しかし、大丈夫ですよ。
更に牛乳を使うことでヨーグルトの制作費を大幅に抑えます。
(笑顔)(以下参照)※プレーンヨーグルトのヨーグルトが大さじ1程度になります。
※無調整の牛乳を500ml用意します。
<作り方>そして、40℃程度に温めましょう。
温まったらそこにヨーグルトを投入します。
魔法瓶に入れ半日から一日置きます。
この時魔法瓶の効果で温度を保ちます。
そのあと内容物が固まれば、冷蔵庫で冷やします。
これで自家製ヨーグルトの完成です!(笑顔)※ちなみにこのヨーグルトは、一度作ると複数回作りまわすことができます。
自家製ヨーグルトを大さじ1程度残します。
あとは温めた牛乳と混ぜ魔法瓶で置いておきます。
簡単でしょう。
(笑顔)(笑顔)このようにすることで簡単にヨーグルトは作ることが出来ます。
ヨーグルトを安くお手軽に作ります。
そして、便秘解消しましょう!(笑顔)
お弁当に使える!冷凍保存の絶品おかずレシピ♪ | スグ得