イオン銀行の住宅ローンって審査基準はどうなんだろう?

自宅が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なので評判などを気にしながら選びたいですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

サイトには資金調達の事だけでなくお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるので契約を良いものにしたい人には貴重、かつ良い参考になると思います。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

これから、新築または中古の家を購入される方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、10%の税金を支払わなければなりません。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もありおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、または新築か中古の住宅を購入した方になります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

参照:イオン銀行住宅ローンの審査に通るには?審査基準甘い?【申込み方法】

今すぐにでなくても、いつかはイオン銀行住宅ローンを申し込む方は手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか全て計算してから考えてみるべきなのです。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは意外なところで費用がかかる場合もあります。

住宅ローンを完済出来ていない状況で離婚することになった場合、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

フラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

自宅購入の資金は、現金一括で。

という風な事は、通常あまり起こりえない事です。

世間一般には、住宅ローンで借金をするのが普通です周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと支払に関する答えが多いです。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

世の中の景気状態も気にしなければいけませんしさらに、人生には突発的な事もあり得ますからけがや病気をするかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。